Image by iStock

先進国で独り負け…日本の大学、文科系の「知的劣化」が止まらない

内田樹『生きづらさについて考える』

論文の質が落ちている

内田樹氏の著作『生きづらさについて考える』は、現下日本と世界が抱える問題を政治、思想、教育など多方面から論じた優れた論集だ。評者には、日本の大学院に関する内田氏の考察が興味深かった。

〈人口当たりの修士・博士号取得者が主要国で日本だけ減っていることが文科省の調査で判明した。これまでも海外メディアからは日本の大学の学術的生産力の低下が指摘されてきたが、大学院進学者数でも、先進国の中でただ一国の「独り負け」で、日本の知的劣化に歯止めがかからなくなってきている。

Image by iStock

人口当たりの学位取得者数を2014〜2017年度と2008年度で比べると、修士号は、中国が1.55倍、フランスが1・27倍。日本だけが0・97倍と微減。博士号は、韓国が1・46倍、イギリスが1・23倍。日本だけが0・90倍と数を減らした〉

評者として気になるのは、文科系の論文の質だ。大学院は修士課程が2年で博士課程が3年だ。評者が大学院で学んだ時代、大多数の学生が2年もしくは1年留年して3年で修士論文を仕上げ、修士号を取得した。博士課程に上がっても、3年で論文を仕上げる人はほとんどいなかった。

 

博士課程の単位を取得して退学し、大学の教員になる例が多かった。教授でも文科系では博士号を持っている人の方が少なかった。研究職に就いてから20〜30年後に博士論文を提出して学位を得る論文博士がときどきいたが、そういう学者は少数派だった。

21世紀に入って博士を量産し始めた結果、現在では課程博士(コースドクター)が主流となった。しかし、文科系の博士論文の内容は、率直に言って、評者が大学院生だった時代の修士論文になっている。修士論文がかつての卒業論文のレベルに低下している。文科系に限っていうならば、日本の大学院教育は深刻な問題を抱えている。