# アパレル # 新型コロナウイルス

コロナ直撃、アパレル業界の「大量在庫」が行きつく意外すぎる場所

ブランドは“下剋上”と“都落ち”へ!
小島 健輔 プロフィール

実際、二次処分業者が買い取った放出在庫も、生活立地の量販衣料店やホームセンターの催事で売られることが多い。

ならば、大半の店舗が休業して店舗スタッフが浮いている今なら、自らLCC商業施設の空き区画で催事販売したり、量販衣料チェーンに売り込むブランドがあっても不思議はない。

むしろ、なぜやらないのかとさえ思われる。

 

実際に動いているブランドやアパレルチェーンもあるが、業界が抱えている在庫を処分できるほど広がってはいないし、生活圏商業施設の空き区画を埋めるにも程遠い。

著名ブランドの創業期には社長がリアカーを引いた移動販売で在庫を処分したという“伝説”もあるのだから、都落ちも厭えない窮状下、遊休スタッフを総動員して処分を急ぐのが商人の心意気ではないか。