材料がないなら、
なしでおやつを作ればいい!

ここで大切なのは、マスクやトイレットペーパーの時のように、「欲しいものがないからスーパーをはしごして探し回ろう」「あさイチから並ぼう」というのは、ほとんど意味をなさないということ。粉類の欠品続きが私の勤務するスーパーに限らないことからも、品薄トップアイテムは、どこの店も同じような状態といえるからです。また、お問合せいただいても、「入荷日未定」となっているため、スタッフにもわからないのが実情です。

そんな中、店長さんからこんな話がありました。

「粉やバターがないのは、学校が休みで、子どもとお菓子を作る家が増えたからです。学校が始まるまでこの状態が続くと思いますので、粉類とバター、クリームがなくなったらみなさんは何を作るのかを考えて、ぜひレシピも提案してください

小麦粉とバター、生クリームにこだわるのはやめて、別のアイデアを! Photo by iStock

実は私はかつて料理雑誌やレシピ本の編集者でした。そして今は、休校で毎日ゲームとユーチューブ三昧の子どもに後ろ髪を引かれながら出勤する母。スーパーのためにも、うちの子どもたちのためにも、ここは何とか考えねばと、かつての編集魂に火がつき、早速うちと同じ年のお嬢さんのいる、尊敬すべき料理家の飛田和緒さんに相談してみました。

「家にある材料で、子どもでも作れるおやつね。了解」

-AD-

『常備菜』で料理本大賞を受賞している飛田和緒さんは、「材料は揃わないほうが燃える」逆境に強い方。かつては、「お菓子は苦手」と公言していました。しかし現在高校生になった娘さんが生まれた後、マドレーヌを上手に焼けるママになりたいと、お菓子研究家の小黒きみえさんに習い、『とびきりおいしいママのお菓子』という共著まで出版しました。 そんな飛田さんも、娘さんの休校で、ごはんやおやつを工夫する日々を送られているそう。早速その中から、「あるもので作れるおやつ」を2種類教えていただきました。