〔PHOTO〕Gettyimages
# アメリカ # 新型コロナウイルス # 中国

トランプ大統領は、いよいよ本気で中国・習近平を叩き潰しにきている…

コロナ禍のウラの暗闘

世界の主要国がコロナ禍に苦しむ中、中国で注目に値する出来事があった。

5月5日、中国が大型ロケットである“長征5号B”の打ち上げに成功した。

ロケット打ち上げの背景には、5G通信網を中心にIT先端分野で主導権を握ろうとする中国の明確な意図がある。

5G通信の普及には地上の基地局の増設に加え、通信衛星などの運用も欠かせない。

すでに中国は米国を上回るGPS衛星(北斗)を打ち上げ、5G通信への応用を目指している。

一方、今のところ、米国は中国に対抗できる通信技術を世界に提示するには至っていない。

大統領選挙を控え、トランプ大統領は対中批判を強めることで支持を確保したいはずだ。

トランプ氏は中国が保有する米国債の償還を拒否する可能性まで仄めかし始めた。

米国がIT先端分野を中心とする中国の台頭を無理やりに抑え込もうとしていることは、コロナショックで混乱する世界経済を更なる下押し圧力にさらす恐れがある。

習近平氏〔PHOTO〕Gettyimages
 

コロナ禍で明らかになった5G通信の威力

コロナショックの発生を契機に、5G通信を中心とする先端技術が経済に与える影響の大きさが明らかになった。

テレワークが当たり前になり、もはや通勤電車に乗って出勤することは考えられないと感じる人は多い。

つまり、デジタル技術が新しい価値観、生き方をもたらした。