# 日本株 # 新型コロナウイルス

ユニクロ、コロナ直撃から一転して「株価V字回復」している意外なワケ

今週の「AI株価予報」で読む
マネー現代編集部 プロフィール

一進一退の攻防

 日本株のコロナ相場は、当初の暴落相場からは脱しつつある。

ここからは新型コロナウイルスの感染拡大の状況を見ながら、一進一退の攻防が続いていくだろう。

市場関係者たちはここから安値に落ちた優良銘柄へ積極的に「買い」を入れる動きを活発化させていく。一方、コロナ危機に対応できずに沈んでいく銘柄は売りのラッシュを浴びせられるだろう。

市場の厳しい選別がはっきりしてくる中で、いったいどれだけの企業が生き残れるのか――。

そんな日本市場では、今週はファーストリテイリング、コロプラ、パナソニックの3社に注目したい。

 
「今週のAI株価予報」とは

●DeepScore社が独自開発した株価予測AI『DeepScore社 AI』が、トレンド分析し、未来の株価を計算しています●「目標株価」は、翌営業日に80%以上通過すると期待される範囲になります(225銘柄でバックテスト検証済)●「押し目買いゾーン」、「吹き値売りゾーン」は、一般的には上髭下髭エリアです。一時的に値が動いた場合、その後目標株価へ収束する可能性が高いゾーンです。ゾーンを超えて推移した場合は、当エンジンの想定を超えるイベントが発生した可能性が高くなります●この予測をもとに個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

関連記事

おすすめの記事