今でも朝晩30分のお散歩。
健脚のおじワンくん

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。

今日紹介するのは、シニア世代のトイプードルの「こんにゃくくん」。保護されたときは、毛も伸びきってボサボサで、両目は白濁して、白内障などの症状が出てました。その後、ケアしてもらって、今ではこんなフサフサモフモフおじいちゃんに。

年齢的に、目はあまり見えないようですが、お散歩中も生活の中でも驚くほど器用にものを避けて歩いて、シニア世代とは思えないほど元気いっぱいです。

写真/ミグノン
名前:こんにゃくくん
年齢:推定16歳
性別:男の子
性格:おとなしくて、人間ともすぐに仲良しに

年齢的に、心臓や肝臓などのお薬を飲んでいることもあり、1ヵ月に1度の健康チェックが必要ですが、基本は元気いっぱいです。

休憩を挟みながら約30分間、朝晩のお散歩も欠かさないというスーパーおじワンくんなのです。犬猫がいても騒いだり驚くこともなく、上手に過ごすこともできます。さらに、とても甘えん坊で膝の上も大好きです。

ペットというと子犬からと思う人もいますが、老犬は老犬の魅力があります。ゆったりのんびりとした時間を過ごしたい人に老犬という選択もぜひ視野に入れてみてほしいと思います。

写真/ミグノン

こんにゃくくんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

ウサギの飼育多頭崩壊発生で「預かりさん」募集中です

3月にウサギの飼育多頭崩壊が発覚し、友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」で、約70匹ものウサギを保護することになりました。それに伴い、譲渡してくれる方だけでなく、ウサギのケアをしてくれる「預かりさん」も募集しています。預かりボランティアとウサギの飼育に関しては下記をご確認ください。

預かりボランティアって何?

うさぎの飼養に必要なものは?

上記をご確認の上、【預かりボランティア登録フォーム】からご登録をお願いします。追って、ランコントレ・ミグノンのボランティアから随時ご連絡を差し上げます。

※「預かりさん」へのお問い合わせは、上記のフォームよりご連絡ください

仕事の合間にボランティアで保護活動を行なっているため、電話での問い合わせや見学の受付を行なっておりません。順番にお返事を差し上げますので、ご用件はお問い合わせフォームよりお願いします。