『美食探偵』公式サイトより

小池栄子の妖しい美しさがスゴい…ドラマ『美食探偵』の魅力

ただのコメディではない

軽さと重さ

数少ない4月に開始されたドラマのなかでは『美食探偵 明智五郎』が気になる。

美食探偵 明智五郎』はなかなかスリリングなドラマである。

主演は中村倫也。

それに小芝風花と小池栄子。この3人のドラマだ。

小芝風花〔PHOTO〕Gettyimages

小芝風花が軽い部分を担当し、小池栄子が重い部分を担当している。

この組み合わせがなかなかにいい。

探偵ドラマなので、基本フォームはコメディである。

少なくとも最初はそうだった。

主人公の名前が明智五郎で「小五郎のほうがよかったか?」と自分でいう大金持ちで美食家でイケメンの探偵である。助手が小芝風花の小林イチゴ(苺)。明智からは「小林一号」と呼ばれている。明智小五郎モノの小林少年と同じ役どころになる。
この二人がお約束な展開を見せてくれる。

北村有起哉と佐藤寛太が演じる二人の刑事も、捜査能力が高くなく、探偵の明智の推理によって事件を解決していくお気楽刑事たちである。これもまたコミカルで楽しい2人である。

 

小芝風花の「勘違い」が可愛い

コメディは、お約束を守ることで展開していく

探偵に振り回される助手とか、頼りにならずに間違った推理しかできない刑事とか、そのへんのやりとりはお馴染みのものである。

そもそも、お笑いというものは、あるパターンを踏んで展開しないといけない。パターンを守らないと笑いは起こらない。それがコメディの基本である。