2020.05.29

知って得するトリビア…徳川政権が巨額の赤字を抱えた「失敗の本質」

おもしろい経済の話(3)
長沼 伸一郎 プロフィール

実際もしそのせいで、どこかの町で子供が餓死でもしようものなら、値段を釣り上げようとした農民は棍棒で殴り殺されても世間はあまり同情してくれないだろう。現在でも豊作の時に値崩れを恐れるあまり、大量のキャベツを畑で腐らせて処分するなどということは頻繁に行われているが、テレビの画面にそれが伝えられると、やはりショックを受けるものである。

Photo by iStock
 

それに比べると工業製品ならば、派手な宣伝を行うなどということをして需要を広げたり新しく作り出したりすることが可能であり、まさにその一点において農業に対して圧倒的に優位に立つことができる。

そのため過剰生産による値崩れの危険が農業より大きいにもかかわらず、工業の側は機動性が一桁高い分、ある品物が値下がりして儲からないと見るが早いか、それをあっさり見限って撤退し、別の品物や別の市場を開拓してそこに主力を移してしまうのである。そして工業の持つこの特性は、商業においてはさらに増幅された形になっている。

つまり農業と商工業の対決においては、農業の側がほとんど伸びない需要と中途半端な速度で伸ばせる供給という、最悪のコンビネーションから成り立っているのに対し、商工業の側は、供給の伸びの速度が速すぎるという不利を抱えながらも、ゴムのように伸縮自在な需要がその不利をカバーしている。

このように機動性において勝る工業の側は、それを活かして不利な戦場からは素早く撤退し、攻め口を迅速に転換するということでどうしても優位に立ってしまうのである。

関連記事