女子フィギュアを席捲

先日、女子フィギュアスケートのロシア選手、アレクサンドラ・トルソワ(15)のコーチ変更のニュースが世界をかけめぐった。長年師事してきたエテリ・トゥトベリーゼ氏のもとを離れ、エフゲニー・プルシェンコ氏に師事することになったという。

女子フリーの世界最高得点を持ち、4種類の4回転ジャンプを跳ぶトルソワ選手は、2019-2020年の女子フィギュアを席巻した「ロシア3人娘」の一人だ。他はアリョーナ・コストルナヤ(16)、アンナ・シェルバコワ(16)で、いずれものエテリ氏の門下で高難度ジャンプを磨き、昨シーズン、ジュニアからシニアに上がるやいなや、グランプリファイナルの表彰台を独占した。日本のエース紀平梨花選手は4位だった。

アレクサンドラ・トルソワ選手 photo by gettyimages

今年(2020年)3月に予定されていた世界フィギュアでも、彼女たちの活躍が期待されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大にともない、残念ながら開催中止になった。

思えば、ちょうど一年前の世界フィギュアで優勝したのは、こちらもエテリ門下生のアリーナ・ザギトワ選手だった。現地(さいたまスーパーアリーナ)で応援していた私は、ザギトワの気迫と美しさに圧倒されたことをよく覚えている(ISUの公式YouTubeで、現在、過去の大会の動画配信を見ることができます)。

だが、そのザギトワ選手は、昨年、活動休止を表明している。たった1年で、女子フィギュアの勢力図は大きく変わってしまったのだ。