市販マスクが手に入らない中、手作りマスクが広がっている photo/iStock
# 新型コロナウイルス

手作りマスク、アベノマスク、市販マスク…その「効果」を徹底比較した!

意外な結果がわかった

「手作りマスク」にウイルス感染防止効果はある…?

マスク製造企業が増産に注力しているにもかかわらず、店頭からマスクが消えたため、やむなく、マスクを手作りする動きが広がっている。

また、新型コロナウイルス感染拡大によって、医療機関で個人用防護具(感染防護具:マスク、ガウン、ゴーグルやフェイスシールド)の不足が深刻になったため、市民が手作り代用・代替品を病院やクリニックへ寄付している。

これらは、すべて善意による行動だが、その有効性や安全性はどうなのだろうか。本稿では前半は「手作りマスク」について、後半は「医療用の個人用防護具」について紹介する。

photo by iStock

新聞検索で遡ったところ、2月上旬から「マスクが買えないなら作ろう」という社会の流れができ、手芸用品店でガーゼや抗菌シート、ゴム紐等の材料が売れるようになっていた。

その後、ブラジャーのカップで作ったマスクがSNSで公開されたことも含めて、自分流マスク作りが流行っているこれまでマスクは衛生品としての白地と決まっていたが、カラフルな模様柄も出現し、一転、街のオシャレにもなった。

 

日本のマスクは「医療用」「一般用」の区別がない?

私たちがマスクをする目的は、 鼻や口元を覆うことで自分の咳やくしゃみ、唾液の飛沫(しぶき)とそこに含まれるウイルス等を他人に飛ばさない、他人からもらわないためだ。

特に、市販されているマスクにはウイルス等を捕集(ろ過)するフィルターが挟まれている。

そのフィルターの捕集性能は、第三者機関の試験によって評価されている。代表的な試験項目は、
(1)BFE:細菌ろ過効率(花粉も含まれる)
(2)VFE:ウイルスろ過効率(ウイルスを含む飛沫も含まれる)
(3)PFE:微粒子捕集効率
の3種類。

国産の場合、メーカーは自主基準で、これらの評価結果を商品のパッケージ(箱)に表記している。