2020.05.08
# 野球

【球界レジェンド】金村義明が選ぶエグいほどスゴかった野手とは?

動画「炎のベースボール」第11回
金村 義明 プロフィール

ナンバーワンはブライアント!

——助っ人外国人も色々と見てこられたと思いますけど、こいつの打球はすごいなと思ったのは?

金村: そりゃあ、ブライアントでしょう。ランディー・バースというすごいバッターもいましたけど、バースは広角に打つうまい打者という印象。ブライアントも逆方向に打球が飛ぶこともありましたけど、ほとんどは引っぱりですよね。僕が肉眼で見たなかでは、一番すごかった

ブライアントはほぼ同世代(ブライアントが2歳年上)で、僕らと一緒に練習してはい上がってきた選手です。中日の二軍時代はウエスタンで三振ばっかりで、天井向いて振ってましたけどね。

彼も、中西太道場門下生です。中西さんの練習を、僕ら若手と一緒にずっとやり続けたおかげで、彼は日本で大金を稼ぐことができた。

最初、彼は、星野さんとドジャースの関係があったので中日の二軍に来て勉強しておりましたけども、上(一軍)にはモッカ(当時すでに退団。実際にはレーシッチ)とかがいるから上がれない。

ちょうどその頃、近鉄の四番のデービスが大麻を栽培しておったという事件がありました。そのまま”帰らぬ人”となってニューヨークへ戻っていきましたけども。

当時、近鉄の通訳だった藤田(義隆)さんが、今はオリックスでチーフ通訳をやっておりますが、神戸水上署のブタ箱に面会に行くと、デービスから伝言を託された。「金村にメッセージを伝えておいてくれ。ブタ箱のなかで腹筋と腕立ては欠かしてない。復帰したら即打つから!」と。

そのメッセージを藤田通訳が伝えてくれたんですが、「アホか、帰ってこられへんのに」と思いながら聞きました。彼は、そのまま神戸の地を踏むことなく強制送還でアメリカへ帰っていきました。

その代わりに、近鉄にやって来たのがブライアントです。

デービスの事件後すぐに、近鉄のピッチングコーチだった権藤(博/中日OB)さんが中日とのパイプを使って、監督の仰木(彬)さんと打撃コーチの中西太さん、権藤さんの3人で、ウエスタンの中日戦を観に行った。

ブライアントのスイングを見て、太さんが即決で、「獲れ! 俺が鍛える! これはとんでもない選手になれる」ということで入団が決まったそうです。

中西道場で、バッテンの形に振るスイングや、反対からのティー(打者に対して捕手側からトスを上げるティーバッティング)を、「イエッサーイエッサー」言いながらやってましたよ。

ちょうど彼が来たときに、僕は当時流行ってたエディー・マーフィーの『星の王子 ニューヨークへ行く』、あれをレンタルビデオで借りて観てたんで、初めて会ったときに、「エディー・マーフィーや!」思いました。で、エディーというニックネームをつけました。そっからやめるまでエディーと呼んでました。いまだに会うとエディー。そんな関係ですね。

アメリカを代表するコメディスター、エディー・マーフィー。確かにブライアントによく似ていた

今、そのブライアントがツイッターで、「自分の知り合いがコロナで8名亡くなりました。日本の皆さん、自分の健康と家族を守ってください」とメッセージを発信してます。

関連記事