〔PHOTO〕gettyimages

BCGは新型コロナに有効か、ひとつの答え

日本の対策に決定的に欠けていること

新型コロナとBCGワクチン

緊急事態宣言が延長され、新型コロナウイルスの感染者と死亡者の数に鈍化の傾向は見られるものの、予断は許されない。

5月5日の段階で感染者数は1万5066人で死者数は566人。気になるのは死者数が増加して致死率(死者数÷感染者数)が上がっていること。現在、約3.8%である。

〔PHOTO〕gettyimages

ただ、それでも欧米に比べると致死率は低く、感染者数104万人、死者数6万人のアメリカが約5.9%、以下、感染者数順に、スペイン約10.2%、イタリア約13.3%、イギリス約15.7%、ドイツ約4.0%となる。

 

ドイツの致死率については、医療体制の充実などで説明されているが、それとは別に、「結核予防のためのBCGワクチンを接種している国の致死率は低いのではないか」という説がある。

「不治の病」だった結核予防のために、約100年前に「近代細菌学の祖」であるルイ・パストゥールの研究所で開発された結核菌を弱毒化させた生ワクチンがBSGワクチン。

日本では乳幼児の段階で接種、結核患者は激減したが、国によってBCG対応はさまざまだ。