〔PHOTO〕gettyimages

相模原事件、植松聖は一体なぜ「小指を噛み切った」のか

相模原障害者殺傷事件が僕たちに突きつけたもの【第2回】
映画監督・作家の森達也氏が3月19日、死刑判決直後の植松聖と面会した。2016年、入所中の知的障害者19人が殺害されたあの事件の深層とは何か。そして、元職員・植松聖とは何者なのか――。

第1回はこちら:相模原障害者殺傷事件とは何だったのか?「普通の人」植松聖との会話
〔PHOTO〕gettyimages

植松聖の儀式

すべては一瞬だった。ふいに刑務官に右手を掴まれた植松聖は、抵抗するような素振りはまったく見せないまま、左手で外したばかりの包帯(のキャップ)を、右手の小指の欠損の上に素早く戻す。それを目視した刑務官は、無言のまま、掴んだ植松の右手を放して椅子に戻る。植松も一言もしゃべらない。透明なアクリル板越しにこの光景を眺めながら、まるで儀式のようだと思う。僕の隣に座る篠田博之(月刊「創」編集長)も、このときはずっと沈黙していた。

あとから篠田に聞いたが、面会中に植松が包帯を外して傷口を見せようとしたことは、これが初めてではないという。そのたびに刑務官が止める。必ずのようにやるんだよ、と篠田が苦笑する。その意味ではやっぱり、ほぼ予定調和の儀式なのだ。

ただし(僕もそうだったが)初めて面会する人は、この展開に少しだけ度肝を抜かれる。ならば儀式の目的はそれなのか。初めての相手を威圧する。場を支配するために。

 

……そう書きたくなるけれど、実際にその場にいた感覚から言えば、この推測には相当な違和感がある。刑務官はともかく、包帯を外してつけるまでの植松はとても自然だった。誰かを威圧しようとか何らかの狙いがあるかのような気配はない。ああそういえば、という雰囲気だ。まるで以前に制止された記憶を喪失しているかのように。右手の小指に包帯のキャップをはめる植松を見ながら、僕は二つのことを考えた。