料理上手でも知られる、漫画家で小説家の折原みとさんには、実は秘密があった。
なんと、自宅の冷蔵庫が超カオスだったのだ! 

コロナ禍で外出自粛の中、一念発起してカオス冷蔵庫を大改革。これは、ビフォーアフターの赤裸々な記録である――。

「カオス冷蔵庫」は
友人の間では有名だった

まだしばらく続きそうなステイホーム生活。こうなったら腰を据えて、「おうち時間」を充実させるしかない。
 家の居心地をよくするために、断捨離や片付け、部屋の模様替えをする方も多いようだ。

実は私も、そのひとり。
コロナ長期戦に備えて生活環境を改善すべく、先日、長年の課題だった一大ミッションを遂行したのだ!

それは、冷蔵庫の大掃除!!

料理は好きだけど、片付けは苦手なズボラな私……。
何を隠そう、ウチの冷蔵庫のカオス状態は、友人たちの間では有名だった。

なんせ、常に冷蔵庫の中はパンパン!
どこに何があるのかわかりにくいので、在庫の有無を確認せず、調味料や保存食などを無計画に買ってしまう。 
賞味期限切れになったものでも、食べ物を捨てるのに抵抗があって捨てられず、冷蔵庫の奥に追いやられて忘れ去られる

安売りのお肉とかをつい買いすぎてしまい、食べきれない分は冷凍庫へ
でも、買い物に行くとまた新しいものを買ってしまうので、冷凍庫のストックが減らない
そのうち冷凍庫焼けで不味そうになるけれど、やっぱり捨てるのはもったいなくて捨てられない

冷蔵庫整理の苦手な方なら、おわかりいただけるだろうか?
この恐ろしい「負の食物連鎖」を……。

カオス時代の折原さんの冷蔵庫。奥に何が入っているかもはやわからない 写真提供/折原みと
カオス時代の冷凍庫。えと、いくらよくホームパーティをするとはいっても、一人暮らしです 写真提供/折原みと

いつかは「やらねば!!」と思っていた。
でも、あまりの「魔窟」ぶりに尻込みし、先延ばしにしていた冷蔵庫の大掃除。
まさか、コロナがきっかけで実現することになるなんて!