【ケースCさんの場合】
飲食店の味をおうちにテイクアウト

ご近所ママ友、Cさんのマイブームは「敷居が高くて入れなかったお店のテイクアウト」だそうです。たしかに最近は様々な飲食店でテイクアウト用メニューを用意してくれるようになりました。特に小さい子供がいると入りづらくて敬遠していたフレンチレストランや小料理屋さんでも、テイクアウトできるお店が増えました。

こちらは渋谷の人気居酒屋「酒井商会」の日替わり弁当(Cさんが購入したものではありませんが)。近所で「一度は行ってみたかった店」のグルメを堪能することができるチャンス! 写真提供/長谷川あや

飲食店としては大変な状況だと思いますが、これまで外食しづらかった家庭にとってはお店の味を楽しめるチャンス。我が家でもお昼はテイクアウトと決めて、さらにはこれまで行ったことがないお店で買うというルールにしました。「ここ美味しい~コロナがおさまったらみんなで食べに行きたいね」と話しながら、アフターコロナ後に行くお店を探しています

-AD-

【ケースDさんの場合】
助っ人はロボット、料理用便利家電を購入

家電大好きDさんの一番のおススメはホットクック。シャープの自動調理鍋です。以前、勝間和代さんが3台持ちでフル稼働という記事を読んで私も気になっていました。Dさん曰く、「もうねー、とにかく材料を入れておくだけでOKだから。ホットクックのおかげで魚の煮物なんて面倒くさい料理もつくるようになった!」とのこと。欲しい、欲しいけど、炊飯器より高いし極狭台所の我が家では置くところがない……。

今やみんなの憧れ、ホットクック SHARP公式HPより

そんな私へのアドバイスとして「最近のホットプレートはおしゃれで高機能だよ」と教えてくれました。それは良い! と一番コンパクトなBrunoのホットプレートを購入。たしかにデザイン性が高いので出しっぱなしにしておいても大丈夫、焼きそばや焼き肉など「ほぼ焼くだけで完成する料理」で、夫も料理をしてくれるようになりました。ホットプレートでジュージュー焼く音と匂いが食欲を刺激して、楽しい気分にもなります(ただ、家中に匂いが移ってしばらく肉くさいですが……)。

Brunoのコンパクトホットプレートは小さくておしゃれ Bruno公式HPより