料理疲れから脱出したい

新型コロナと戦うみなさん、お互いおつかれさまです。

「戦う」といっても医療従事者でもない私はとにかく家にこもって、コロナの感染を抑えることしかできません。唯一貢献できる行動が自粛なのですから、毎日頑張って家にこもっています。昨年夏に起業し、いろいろやりたいことがあるのにもどかしい毎日です。仕事は元々テレワークが中心でしたが、コロナの流行により気がつくとすでに3ヵ月、社員の誰とも会っていないことに気がつきました。毎日web会議やチャットでコミュニケーションをとっているので仕事に支障はありませんが、さすがに寂しい。

弊社の社員は全員、保育園に通う子供がいるパパ・ママです。休園によりミーティング中に子供が映り込むことが当たり前になり、子供が騒ぎだしたらミーティングは休憩タイム。全力で働けないことにイライラし、子供にかまってあげられないことに申し訳ない気持ちを感じながらも、社員同士の理解があるおかげでギリギリの綱渡りで仕事を続けられています。

-AD-

仕事と育児の両立にもストレスが溜まりますが、目下の悩みは「家事疲れ」。家に毎日家族全員がいるので掃除の頻度が増え、タオルを頻繁に変えるので洗濯物も増えました。でも一番はやはり料理。朝起きてご飯を作り、昼前にご飯を作り、夕方になればまた作り……。4時間おきにご飯をつくる毎日に、ある日「ポキン」と心が折れました。今までは疲れたらお惣菜を買って皿に盛りつけて出す、ぐらいはしていたのに、もうお惣菜を買いに行く気力すら残っていない。このままでは毎食カップラーメンになってしまう! と危機感を覚えて、他のママさんたちがどうしているのか聞いて回りました(ちなみに我が家のご飯事情を漫画にしました)。

必死で作って「食べたくない―!」と言われたときの絶望感……Photo by iStock