10万円給付「ネット申請にマイナンバーカードが必須」の意味不明

1億人以上が持っていないのに
松岡 久蔵 プロフィール

「現在、個人向け給付金の受け取りに使うために、マイナンバーカードを作ろうとする人が殺到している役所もあるとのことですが、コロナ経済対策で密閉空間に人を密集・密接させては本末転倒です。

政府には、コロナ給付金に乗じてマイナンバーカードを普及させようという下心があるのではないか、とも思ってしまいます。しかし政府が真にやるべきは、マイナンバーカードに固執しないオンライン申請の促進を進めることです。

今からでも給付金のオンライン申請のルールを変えて、マイナンバー・カードリーダー機なしでも、本人名の銀行口座への振込ならば運転免許証、マイナンバーなどの行政が把握できる個人情報を入力して申請できる仕様に変更すれば、格段に手続きしやすくなり、結果として行政手続きのオンライン化を加速することにもつながるでしょう」(中谷氏)

 

コロナ禍によって、これまで議論が深まっていなかった「行政手続きのオンライン化」が一気に注目を浴びることになった。手続きができないことで困窮する事業者や個人も出ており、いまや猶予はない。一刻も早く遅れを取り戻す必要があるだろう。