photo by iStock
# 新型コロナウイルス

「コロナで『死ぬリスク』が高い人の共通点は…」米専門機関が警鐘!

日本人の2~3人に1人は危険?対策も

米専門機関による「死亡リスクが高い人」の最新研究

日本でも感染者数(クルーズ船乗客を除くPCR検査陽性者)が1万6000人を超えた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。それに伴う死者は5月14日現在687人となっている。

4月7日には5月6日を期限とする新型インフルエンザ等特措法第32条に基づく緊急事態宣言が7都道府県に発令され、4月16日には同宣言の対象が全国に拡大。5月4日は同宣言を5月31日まで延長することが決定している。

photo by iStock

全世界的に見れば、この感染症による致死率は5~6%だが、日本は現時点で2.6%と比較的低率で推移している。これは各国の衛生状況、医療環境なども反映されると言われている。

ただ、確実にどの国でも共通していることは65歳以上の高齢者では致死率が高いことだ。例えば芸能界では志村けんさん(70)が犠牲になったことは既に報じられているが、年齢で言えば高齢者だ。

新型コロナウイルスによる肺炎でなくなった志村けんさん photo/gettyimages
 

また、これも繰り返し言われていることだが、一部の持病(基礎疾患)がある人も致死率が高いことが知られている。

こうした状況に際して、アメリカでは保健福祉省所管の感染症対策部門「米疾患管理予防センター(CDC)」が新型コロナの感染で重症化、死亡のリスクの高い人たちを具体的に示し、そうした人たちへの注意点(ガイダンス)を出している。

このガイダンスを日本の状況に応じて解説する。