元の生活にはもう戻らない。新しい時代をどう生きるかが大切。

「いずれコロナ禍が終息しても、これまでの生活にはもう戻りません。ウィズコロナの時代をどう生きていくのか、自分がどう変わっていくのかを前向きに考えた方がいいと思います。『今、会いたい人は?』『本当にやりたい仕事って?』改めて自分にとって大切な人や物事が分かってくる。自分を見つめ直すためのとても貴重な時間だと感じています」

photo by gettyimages

自粛生活の中で意識して欲しいことは、ビタミンDを生成する太陽の光を浴びること。私は皮膚科医なので、本来ならば紫外線はシミやシワの原因になるので、陽にあたることをあまりおすすめはしていません。けれど、ビタミンDが不足してしまうと鬱っぽくなるというデータがあるんです。ただでさえ気分が落ち込みな時期なので、1日1回は短時間でいいので陽にあたるようにしましょう。難しい人は、ビタミンDのサプリメントを摂るといいでしょう。

今、SNSやネットを開くと、◯◯を飲むと免疫力が上がる、コロナに罹りにくくなる、などといった情報があふれています。注意して欲しいのは、どれもエビデンスのない情報ばかりなので、あまり振り回されないこと。栄養のある食事を適量食べ、しっかりと睡眠を取る。外出先から帰ったら手洗いうがいをする。規則正しい生活こそが、今できるいちばん大切なことだと思います」

美容、健康、子育てなど、さまざまなテーマを医師目線で分かりやすく説明した
友利新さんのYouTubeチャンネルはこちら

除菌ははっきりいって面倒くさいもの。けれど、ゼロではない感染の可能性を考えるとやっておいて損はないはずです。

取材・文/大森奈奈