アフターピルのオンライン処方
初めての人はこれだけ知っておけば大丈夫

アフターピルのオンライン処方は、実際どのようにして受けるのか。受診の際に知っておくと役立つ情報について高橋さんに解説してもらった。

【オンライン診療の進め方】
受診しようとしている医療機関のWEBサイトなどで、緊急避妊薬のオンライン診療をやっているかどうかを確認。支払い方法なども確認しておく。アフターピルは緊急性が高いことから、遠隔地からの相談を受け付けている医療機関もある。

オンライン診療では、原則、電話・スマホやパソコンでのオンラインでの診療が認められている。「チャットを使ったオンライン診療を行う医療機関もありますが、これは現在はルール違反。一つルール違反をしていたら、他にもしているのでは?と私は気になります。ルールに則った方法で行なっている医療機関を選ぶと安心です」

-AD-

【アフターピルの種類と選び方】
国内で認可されているアフターピルは、ノルレボ、レボノルゲストレルF(ノルレボのジェネリック医薬品)2種類。それに従来から行われていたヤッペ法というものがある。全て72時間以内に服用する薬。

「アフターピルは自費診療となるので、価格は医療機関によって異なります。このうちヤッペ法は比較的価格は安いですが、中用量ピルを短時間のうちに4錠服用することになり、吐き気・嘔吐などの副作用が出やすいです。ノルレボ、レボノルゲストレルは1回の服用で済みます。説明をよく聞いて選びましょう。一方、ellaという薬は日本では未承認ですが、120時間(5日)以内に服用します」

薬の受け取りは、(1)薬を郵送(2)宅配便で送ってもらう(3)処方箋を郵送で受け取り薬局へ出向いて受け取る(4)処方箋を医師が薬局へFAXし薬局で受け取る、などの方法があるが「アフターピルを置いている薬局が少ないため、(3)や(4)は選択しにくいかもしれません。72時間以内に受け取れるか、受診時に確認しましょう。本来は、取り扱い薬局が増えれば(3)(4)が最善です。それより何より完全なるOTC化実現が待たれますね」

【支払い方法】
クレジットカード、着払い、Paypay、バンドルカード、コンビニ払いなどがあり、医療機関によって異なる。

【医療機関や薬局を探すときの注意点】
インターネットで医療機関や薬局の検索をする際には、必ずしも全国すべての医療機関が網羅されているとは限らないことに注意。

「今回は、ネットで検索しても実際に処方してもらえる情報にたどり着くことが難しかった、2年前の大学生からのSOSに答えて、リストを作成しました。SNSで公開したリストは、確実にアフターピルの処方につながることができる施設をあらかじめ検索したリストです。医療に対するスタンスなど、独特な医療機関も含まれていますが、2020年のゴールデンウィークにはこの際、総力戦で、知りうる情報を掲載していることをご了承ください。また、アフターピルを置いている薬局となると、まだまだ登録数が少ないです。薬の受け取りは、直接医療機関を受診するか、宅配便が現実的だと思います」と高橋さん。

トライすると意外と簡単なオンライン診療。photo/Getty Images