食のスペシャリスト&グルメに精通する識者が、イチオシの料理を紹介する連載「FRaU Foodies」。新型コロナウィルスの感染拡大が続くなか、以前ご紹介した人気店が続々とテイクアウトをスタートしているので、特別編としてテイクアウト情報をお送りします。今回はカレー! 自粛中の今、おうちごはんがグレードアップすること間違いなし!

【テイクアウト利用時のお願い】
・自宅や勤務先から近いお店を利用しましょう。
・注文や支払いの方法は、事前に確認しましょう。
・受け取りに行く際は、最少人数で行きましょう。
・マスクの着用、手指の消毒もお忘れなく!

※こちらの記事はお店の方にご協力いただき、以前ご紹介した記事内容を一部流用、テイクアウト情報を追記して制作しています。

高山都がスパイスを欲する時に
食べるカレーを持ち帰り

「スパイスを欲するとき、食べて代謝を促したいときに食べます」。

モデルの高山都さんお気に入りのカレーは、中目黒「REDBOOK(レッドブック)」の「ほうれん草のチキンカリー」。

ほうれん草のチキンカリー ¥1200(税込み)現在は「古白鶏のほうれん草チキンカリー」(¥1500/税込み ※ランチはアチャール、ターメリックライス付き)

「定番のチキンカリーも好きですが、ほうれん草のチキンカリーがあれば、迷わずこれを選びます」。

コク深いチキンカリーをアレンジし、ほうれん草と玉ネギをふんだんに使用。素材本来の甘みをしっかりと感じられ、非常にまろやかです。

現在はベースとなるチキンカリーがバージョンアップされ、これをアレンジした「古白鶏のほうれん草チキンカリー」(¥1500/税込み ※ランチはアチャール、ターメリックライス付き)がテイクアウトでも楽しめます(¥1600/税込み)。

「ほうれん草がたっぷり入っているから、野菜が摂れるのもうれしい。カレーのコクがあって骨付きのチキンもホロホロ。ぺろっと完食しちゃう旨さです」。

テイクアウトカレー。左から、古白鶏のチキンカリー ¥1400、豚とカブのカリー¥1550、キーマカリー ¥1200(すべて税込み)

テイクアウトのカレーは全6種類。写真の通りさまざま用意されています。すべてのカレーでターメリックライス付き。これは、インド米(バスマティーライス)、タイ米、日本米をブレンドし、ターメリックと一緒に炊き上げる黄色いご飯のこと。日本米が入ることでもっちりした食感も感じられ、食後の満足感が高まります。+250円でサフランライスへの変更も可能です。

左から、ミニサラダ ¥350、ナッツライス ¥800(カリーとセットなら¥750)

カレーだけではありません。写真のようなメニューもあり、ラッシーなどのドリンクもテイクアウト可能。充実のラインナップです。

油を少なめにし、野菜と肉から出る旨みでサラッと食べてもらうことを意識している「REDBOOK」のカレー。おうち時間の刺激に、スパイスが欲しくなったら、ぜひご賞味あれ。

現在、短縮営業中のため、営業時間は11時半〜20時となっています。事前に電話で予約しておくと待たずに受け取れますので、電話予約推奨です!

REDBOOK
東京都目黒区上目黒1-3-2
☎03-37103438
自粛期間中の営業時間:11:30〜20:00
自粛期間中の定休日:日・祝
https://instagram.com/caferedbook

以前ご紹介した記事はこちら▶︎「軽口なのにじんわり発汗!高山都がスパイスを欲する時に食べるカレー