筆者撮影
# 新型コロナウイルス # ホテル

人気から一転…「ファーストキャビン」が破産に追い込まれた理由

カプセルホテル業界の厳しい実情

ホテル業界に衝撃走る…!

コロナショックで大きな影響を受けているホテル業界。特に緊急事態宣言以降、連日のように休業・廃業・倒産といったニュースを耳にする。

様々なニュースの中でとりわけ衝撃的だったのが「ファーストキャビン」の破産だ。報道によると、(株)ファーストキャビンと関連会社4社が4月24日に東京地裁へ破産の申請、負債総額は11億3082万円(2019年3月期決算時点)という。

ファーストキャビンを知らないという方のためにどのような宿泊施設か解説しておこう。

まず、法律的には旅館業法の簡易宿所区分にあたる施設。簡易宿所とはカプセルホテルやホステル(ゲストハウス)が当てはまり、ファーストキャビンは専用のユニットを利用したカプセルホテルと言える形態だ。

ただし、一般のカプセルホテルが上下二段で奥行きがあり、寝る体勢で滞在することが前提であるのに対し、ファーストキャビンは上下の空間を確保した“立てる”カプセルホテルというイメージだ。

「ファーストクラス」の広々とした空間(筆者撮影)
 

「ファーストクラス」「ビジネスクラス」といった名称の2クラスのキャビンがあり、名前の通り“飛行機”をコンセプトとする。

上下空間を確保していることを先述したが、ビジネスクラスは専有面積が2.2平方m、100センチm幅のベッドを導入しテレビは26インチを完備。アッパーなファーストクラスは4.4平方mを確保、120cm幅のベッドで32インチのテレビを完備している。

このように、一般的なカプセルホテルと比べるとかなり豪華な仕様だ。ファーストキャビンが一般的なカプセルホテルと比較して上下空間を確保したというのは斬新であった。