「わからないもの」に対する恐怖心

世界を見渡すと、日本よりICT教育が進んでいる他の先進国の多くは、ごく普通に双方向のオンライン授業に移行しているそうだ。なぜ、日本は遅々として進まないのか。コロナショックがICTを前進させる教育改革を巻き起こす可能性も含めて、スペシャリストに聞いてみた。

先月のこの連載でお伝えした東京都小金井市立前原小学校は、全学年でのプログラミング教育など、ICT教育の先進校で知られる。同校の校長としてテクノロジーを活用した学びの改革に取り組んできたのが松田孝さんだ。2019年3月で辞職。合同会社MAZDA Incredible Labを設立し、情報端末の積極的活用で初等公教育のリデザインを学校現場に寄り添いながら牽引している。

(まつだ・たかし)
(まつだ・たかし)東京学芸大学教育学部卒、上越教育大学大学院修士課程修了。東京都公立小学校教諭、指導主事、主任指導主事(指導室長)を経て、2016年4月より東京都小金井市立前原小学校校長に就任。2018年からは早稲田大学大学院教育学研究科博士後期課程にも在籍。2019年3月に辞職し、同年4月に合同会社MAZDA Incredible Labを設立。著書に『学校を変えた最強のプログラミング教育』(くもん出版)など。

オンライン授業などをやっていこうとする若い先生たちから「ベテランや校長、教育委員会に理解してもらえない。保護者の中にも嫌がる人がいる」と聞く。なぜ、この時代に反対されてしまうのか? 理由は大きく分けて三つありそうだ。

「ひとつは、みなさん、オンライン授業やICTを体験していない。わからないものに対する恐怖はありますよね。日ごろからパソコン関連に馴染みのない幹部やベテラン教師は特に感じると思います」

しかも、コロナウイルスという見えない相手に怯えている最中だ。不安があるのに、そこにICTへの不安、遠隔で果たして双方向性のある授業ができるとかという不安がのしかかる。なかなか一歩が踏み出せないのも理解できる。