# 企業

お菓子大国ニッポンで、なぜか明治だけ「大ヒット連発」が止まらないワケ

川村和夫社長が明かした
夏目 幸明 プロフィール

欲しい人材は「突破力」を持つ方です。組織の中で何か新しいことをやってイノベーションを起こすなら、突破力がとても大事だと思うのです。たとえば、いざという時に周りに賛同してもらうためには、普段から先輩・後輩の別なく、何かあったら頼める関係を築いておく必要があります。

また、新しいことを始めるなら早すぎても遅すぎてもダメ。機が熟した瞬間にビジョンを描き、仲間たちに伝えて一気に動く必要があります。私自身が「突破力」を大切にしてきたから、そんな人材に惹かれるのかもしれません。

お菓子が人の心を動かす

日本は「お菓子大国」です。私は全日本菓子協会の会長も務めていますが、傘下には「全国せんべい協会」「全国半生菓子協会」など、なんと18もの団体があり、外国人の多くはお菓子の種類の豊富さに驚かれます。

photo by iStock
 

健康に資する商品も多く、ヨーグルトはもちろん、当社の「チョコレート効果」は約150億円の市場を作っています。ネット上でも“「きのこの山」と「たけのこの里」のどっちが好きか”という熱い議論が繰り広げられていたりします。

きっと、お菓子には大きな力があるのでしょう。人と笑い合ったり、疲れた時も幸せな気持ちになれたり……。私たちはおいしさと健康を軸に、これからもこの市場を、日本で、そして世界で盛り上げていきたいと思っています。

ちなみに私は「きのこ派」です。プレッツェルのパリッとした食感が好きでして。(取材・文/夏目幸明)

川村和夫(かわむら・かずお)
'53年、宮城県生まれ。'76年に早稲田大学法学部を卒業し、明治乳業(現・明治)へ入社。'07年に取締役、'12年に代表取締役社長に就任し、'18年、明治ホールディングス代表取締役社長に就任、以来現職。現在、明治取締役、Meiji Seika ファルマ取締役、全日本菓子協会会長、一般社団法人Jミルク会長も兼