GW自粛中に「沖縄行きのファーストクラスは満席も」驚きのワケ

「マイル修行」と「ポイント2倍」の関係
松岡 久蔵 プロフィール

かつて「修行僧」は飛行機マニアが中心だったが、ブログやSNSの普及でノウハウが公開されるようになり、一気に裾野が広がったという。

実際、Twitterで「#SFC修行」と検索すると、この3月・4月にも「我が家もついに上級会員になりました」「上級会員まで残りのポイント稼げるかな」「キャンペーン延長されてよかった」などのつぶやきが多く見つかる。資格勉強にも似たノリで、より早くより安くポイントを貯めるノウハウや進捗を共有しあっている様子がうかがえる。

 

予約状況を見てみると…

「修行僧」がせっせとマイルポイントを貯めていること自体は、別に筆者がとやかく言うべきことではない。しかし問題は、この新型コロナの感染拡大で外出自粛が続く中、航空会社が外出を助長するような「ポイント2倍キャンペーン」を始めたこと、そしてそれに乗っかろうとした「修行僧」も少なからずいるらしい、ということだ。

ANA、JALのリリースなどによると、ANAは3月19日に6月末までの、JALは3月26日から7月31日までの搭乗分に対するキャンペーンを始めている。3月後半といえば、外出自粛が本格化してきた時期。自粛で時間も余り、「修行」にいそしむ利用者が出てくるのは当然想定できただろう。

たとえばGW期間中も、ポイントを貯めるのに効率がよいとされる羽田那覇便では、普通席がガラガラなのに比べ、ポイント倍増の効果が大きいファーストクラスはほぼ満席状態の便が多い(なお画像は予約状況のため、実際の搭乗実績とは異なる場合がある)。

5月1日午前の羽田沖縄便の座席表。ファーストクラスがほぼ満席なのに比べて、普通席は3割以下の埋まり具合となっている(Expert Flyerより)

これでは、いくら便数自体が減っているとはいえ、そして「修行僧」には空港から出ずにすぐに引き返す人も多いとはいえ、東京から沖縄に新型コロナをせっせと輸出することにもつながりかねない、と批判されても仕方ない。