〔PHOTO〕gettyimages

行動制限緩和のドイツを苦しめる「経済とコロナ予防のさじ加減」

雇用調整制度の対象者は1000万人超

ドイツにマスクが定着?

ドイツで4月27日から、店舗と公共交通機関の中でマスク着用が義務になった(一部の州ではそれ以前から、また、一部の州では交通機関の中だけ)。

gettyimages

ドイツでは、これまでマスクは歯科医や外科医がするもので、一般の人が、しかも街中で付ける習慣はなかった。彼らの常識では、マスクとは、大気汚染が酷い国でのやむを得ない防御対策だった。もしくは、アジア人の奇異な風習。

だから、以前より、冬の東京のラッシュ時のホームで、皆がマスクをしている写真などが新聞に載ると、たいてい皆がちょっとバカにした。もちろん新聞も、さりげなく奇異さをからかうような感じで載せていた(というか、確かに奇異な感じはする)。

なのに、そのドイツ人が、マスクなしではスーパーにも入れなくなってしまったとは、なんという様変わり。今でもちょっと信じられない。

 

さらに驚くのは違反時の罰金。州によって違うのだが、一番高いのがバイエルン州で、マスクをせずにバスに乗ったり、店に入ったりしたら150ユーロ(約1.8万円)。また、お客がマスクをしているかどうかの監視を怠った店舗は、5000ユーロ(約60万円)というから、かなり過激だ。

一方、一番安いのはラインランド−プファルツ州の10ユーロ(約1200円)と250ユーロ(約3万円)。でも、それらを誰が監督するのか? 警察がいちいちやっていたら、他の仕事ができなくなる。

また、現在のマスク着用義務に反対している医者もいる。ちゃんとしたウイルス除去効果のあるマスクでなければ、ただの布切れでは意味がないと。

なお、ベルリン市だけは、店内でのマスク着用は義務ではなく、推奨。マスク姿では監視カメラで人相が確認できないので、どちらかというと着用して欲しくないのかもしれない(現在は入店制限のせいで店内が空いており、万引きが活発になる恐れはなさそうだが)。

gettyimages

マスクについて、皆どう思っているのかと電話して確かめてみると、うんざりしている人たちもいれば、手作りの綺麗なマスクが「嬉しい!」と言っている人たちもいた。聞くところによれば、マスク作りに夢中になっている人も結構いるそうだ。そのうちマスクはドイツの新しいファッションになる? まさか……。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら