Photo by gettyimages

WHOと中国の「新型コロナ報告書」に書いてある「重要知識」

見落とされていた資料を読み解く

「死者ゼロ」達成までの道

新型コロナの感染拡大を、中国は短期間でどう抑え込んだのか。その答えが詳細に記されている合計40ページのレポートがある。WHOと中国が25人の有識者と共同でまとめた「コロナウイルス病2019(COVID−19)に関するWHO−中国合同ミッション報告書」である。

Photo by gettyimages
 

「中国に関しては、1月末に1099例の新型コロナの臨床データが出ていたのですが、この報告書ではその50倍、5万6000例のデータが揃い、非常に価値のある記録となりました」(山形大学医学部附属病院教授・森兼啓太氏)

だが、2月末に公開されたこの報告書は研究者にしか知られておらず、一般の人が目にする機会は少なかった。新型コロナとは何か。それを知るうえで決定的な一次資料を、専門家とともに改めて読み解いていこう。

報告書の前半では、新型コロナが中国でどうやって感染拡大したかを分析している。その中には、見落とされていた新型コロナの新事実がある。

その第1が、トイレでの感染の危険である。

〈限られた症例ではあるが、糞便中で生存可能なウイルスが同定されている〉(以下〈〉中は報告書からの引用)

「患者の便から、新型コロナウイルスが発見されました。実は'03年に流行したSARSでも、香港のアパートのトイレの下水溝が感染経路になった例があります。『三密』を避けてマスクをしても、便座や、下痢便が付いた手が感染経路となるのです」(前出・森兼氏)