Photo by iStock

家族を亡くして性格が変わってしまった人の「本当の心の中」

不安で仕方がない…

死ぬ心構えがないのが一番の不幸

「もともと神経質な父でしたが、がらりと変わったのは母と、親しい友人を相次いで亡くした3年前のことでした」

大橋貴子さん(47歳、仮名)の父親(80歳)は、大手化学メーカーに長年勤めてきた真面目なサラリーマン研究者だった。趣味は囲碁と切手集め、定年後は年金も十分もらって豊かに暮らしてきた。

「母と友人は同じ脳出血で亡くなりました。それまで、わりと健康に無頓着だった父が豹変し、毎日血圧を測って、病院通いを始めました。サプリメントを山のように飲んで、話すことと言えば健康のことばかり。テレビの通販で見たダイエット器具や健康食品を買って並べては、悦に入っていました」

Image by iStock

当初は、健康に気をつけるようになったのはいいことだと、父の変化を特に気にも留めなかった。だが、徐々に父の言動を疑問に思うようになった。

「うちは二世帯住宅で、週末などは父も一緒に食卓を囲むのですが、そこへ会社員時代の名刺入れをもってきて昔話をするようになったのです」

「ほら、国会議員の名刺もあるぞ」「この人は、○○商事の社長にまでなった」と現役時代の交友関係を自慢。貴子さんと夫は辟易して聞き流すので、しまいには小学生の孫にまで名刺を押し付けるように見せ始めた。

「子供たちも気持ち悪がって、父はますます孤立するようになりました」

母の一周忌を迎えようとする頃、気晴らしにでもと思ってかけた一言に思わぬ反応があった。

「ねえ、お父さん。お母さんがいなくなって寂しいでしょう。旅行でも行こうか。私の会社の保養所ならお風呂もバリアフリーで安心だから」