Photo by iStock

家族に「終活」を勧められてキレる高齢者の心理

死と向き合いたくないのが人情

準備するのは気が進まない

「人間というやつは、いま死ぬという土壇場にならないと、気のつかないことがいろいろある」

作家・山本周五郎の言葉だ。菅原脳神経外科クリニック院長・菅原道仁氏も、「余命宣告を受けたり、寝たきりにならないと、死ぬということを意識して行動できない人が多い」と話す。

菅原氏によれば、人間の死に方には5つのパターンがある。

(1)90歳過ぎまで元気で生きる「大往生」
(2)心臓疾患や脳疾患で突然死ぬ「コロリ」
(3)脳血管障害などで後遺症が残り、肺炎などで亡くなる「長期介護」
(4)がんで死ぬ「闘病」
(5)末期がんが見つかり、2〜3ヵ月で死ぬ「末期」
 

(3)「長期介護」や(4)「闘病」といったパターンであれば、人は否応なく時間をかけて死を意識し、準備を迫られる。しかし、(2)「コロリ」のように明日亡くなるとは誰も予想できない。健康な人が、死を前提に生きることはできない。それほど人間は、悲観的には生きられない生き物だ。