〔PHOTO〕iStock

コロナで看護崩壊…院内感染リスクと長時間労働の「深刻すぎる現実」

戦々恐々としながら働かざるを得ない

全国の看護師の心がざわついた

「看護師は人手が足りず、少し体調が悪いくらいでは休めない。これは氷山の一角ではないか」

大阪市にある「なみはやリハビリテーション病院」で、新型コロナウイルスに感染した看護師2人が、感染していると知りながら上司から勤務を命じられ、実際に働いていたというニュースを受け、全国各地の看護師の心はざわついた。近畿地方の公的病院で働く看護師の藤田牧子さん(仮名、51歳)もその一人だ。

なみはや病院では4月15日に職員1人がコロナに感染していたことが分かった。その後に院内で大規模感染が起こっていることも判明し、4月21日までの間に総陽性者数が医療従事者と患者を合わせ118人に上ったという(同病院のホームページより)。

〔PHOTO〕iStock

各報道によれば、感染力の強いコロナにかかったと知りながら病院が看護師に出勤を命じたとされている。藤田さんは循環器内科病棟で勤務するが、コロナには無症状感染もあるため他人事ではない。

「ちょっと寝ていれば治るような風邪なら休むな」という上司からの圧力もあり、藤田さんも日頃から37℃台の熱であれば、出勤する。同僚の看護師の間でも「インフルエンザにかかったときに、(1日3回飲む)解熱剤を1日4回飲んで熱を下げて出勤した」といった例は、いくらでもある。

 

看護師を中心とした組合員17万7000人からなる日本医療労働組合連合会(以下、日本医労連)の「看護職員の労働実態調査」(2017年度)によれば、看護師の約7割が慢性疲労状態で勤務しており、約5割が鎮痛剤を常用。なんらかの薬をよく飲んでいる看護師が7割強もいる。

最近の症状として「全身だるい」(60.2%)、「腰痛」(50.6%)、「目がつかれる」(45.8%)、「いつもねむい」(44.2%)を訴え、年々、精神安定剤と睡眠導入剤の常用者が増えるなかで、看護師はコロナとも闘っている。