「一日の感染者数」で一喜一憂…政府や情報番組にダマされてはいけない

言葉が軽すぎるこの国で
笹野 大輔 プロフィール

まずは検査数を増やさなければ

ニューヨーク州による新型コロナ検査の目的は、「陽性者を自宅や施設で隔離することで感染率を下げること」「抗体検査により陽性反応が出た場合、血漿治療のための献血ができるようにすること」「感染率を把握して再開戦略に活用すること」と発表された。日本も同じ方法をとるのであれば、まずは新型コロナの検査数を増やさなければならない。

医師や看護師が足りないのであれば、外国人の手を借りることもあって良いだろう。ニューヨークの隣のニュージャージー州では、ビザさえあれば海外の医師免許でも新型コロナ患者の診療を可能にした。トランプ大統領もグリーンカード(永住権)の申請をストップさせたが、医療関係者は例外とした。

ニューヨークでは医療ボランティアを募集すると、一気に8万5000人以上の看護師などの医療従事者が集まり、リタイアした医師までも参加した(現在9万5000人)。さらにクオモ州知事は医学部生の早期卒業を認める署名までした。セントラルパークや、テニスのUSオープン会場では野営病院を作り、モーターショーが行われるジャヴィッツセンターには2500床の新型コロナ患者専用の臨時病院にもした。

新型コロナの臨時病院になったニューヨークのジャヴィッツセンター
 

一方で、準備期間が1ヶ月以上ニューヨークより長かった日本において、新型コロナの感染拡大抑止への準備は遅く、検査も増えなかった。検査をしないとまともな試算もできない。また、「PCR検査を増やせば医療崩壊になる」という論理は一見正しいので国民が洗脳されてもいた。論理が国民の声を押しつぶしていたともいえる。だが、政治家や役人、芸能人や有名人はPCR検査を受けられている現状に国民は気づいたのだ。これはおかしいと。

国民の生命のことを考えると「PCR検査を増やせば医療崩壊になる(ただし、現状の病院床数、医療関係者数であれば)」という言葉を付け加えなくてはいけなかったのだろう。日本の陽性率は下がっておらず、いまや検査を受けられない人を指す「PCR難民」という言葉も生まれている。検査をしないと元気で無自覚な人が感染を拡大させていく。個人からも医師からも検査依頼を拒否している保健所よ、もはや新型コロナの検査数を絞る理由は見当たらない。

関連記事

おすすめの記事