餓死か殺処分かの瀬戸際からのレスキュー

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。

今日紹介する白黒猫の「ジルくん」は、先日ご紹介した「デコポンくん」といっしょに九州・熊本からやってきた39匹の子猫の1匹でした。餓死するか殺処分するか、という瀬戸際で保護された猫たちだったので、九州から東京にやってきた当初は、どの猫もみんなガリガリ。ジル君もアバラが浮き出るほどやせていて、元気に育つか心配ほしていました。

写真/ミグノン
名前:ジルくん
年齢:4歳
性別:男の子
性格:元気いっぱい。でも、慎重派の一面も

でも、東京に来てから、お腹いっぱいに食事をするようになって、すっかり体力も回復。今では筋肉隆々の細マッチョタイプのイケメン猫に変身しました。もともと手足がヒョロリと長いタイプだからなのか、いっしょに暮している猫さんと同じ食事量なのに、太らない体質。なんともうらやましい感じです。

今では、いっしょに保護された兄弟猫といっしょに預かりボランティアさんのおうちで、元気に暮らしています。

写真/ミグノン

ジルくんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

緊急告知!うさぎの飼育多頭崩壊発生で「預かりさん」募集中です

先月(3月)、うさぎの飼育多頭崩壊が発覚し、友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」で、約70匹ものうさぎを保護することになりました。それに伴い、うさぎのケアをしてくれる「預かりさん」を募集しています。預かりボランティアとうさぎの飼育に関しては下記をご確認ください。

預かりボランティアって何?

うさぎの飼養に必要なものは?

上記をご確認の上、【預かりボランティア登録フォーム】からご登録をお願いします。追って、ランコントレ・ミグノンのボランティアから随時ご連絡を差し上げます。

※「預かりさん」へのお問い合わせは、上記のフォームよりご連絡ください

仕事の合間にボランティアで保護活動を行なっているため、電話での問い合わせや見学の受付を行なっておりません。順番にお返事を差し上げますので、ご用件はお問い合わせフォームよりお願いします。