契約結婚からリアル結婚へ
みくりと平匡の物語がついに完結!

2016年にドラマ化され、新垣結衣さん演じる森山みくりと、星野源さん演じる津崎平匡さんの“ムズキュン”な恋が大ブームを起こした『逃げるは恥だが役に立つ』。2019年から「Kiss」にて連載を再開していた『逃げ恥』も、4月13日に発売されたコミックス11巻で、ついに完結!

「就職としての結婚」をテーマに契約結婚から始まったみくりと平匡の関係は、不器用な恋を経て、リアル結婚、夫婦共働きの生活へと変化。そして、コミックス最新11巻では、みくりの妊娠・出産、育児に向けた試行錯誤の日々が描かれます。日本中が見守ったあの“ムズキュン”カップル、そして二人に関わる人たち、それぞれの人生はどう展開していくのか……。

『逃げるは恥だが役に立つ』(11)
著者:海野 つなみ 講談社
妊娠がわかってから、話し合いと入念な準備をして出産にのぞむはずのふたり。しかし、会社も家庭も、ふたりを取り巻く環境も周囲の人々も、予想外の問題も発生し、思うようにはいかないことだらけ。ぎくしゃくし始めたふたりの関係を救うものは!?

『逃げるは恥だが役に立つ』1巻の1話無料公開はこちら▶︎

堂々完結の最新巻(11巻)を読む前に…10巻を復習! リアル結婚から2年半、平和に暮らすみくりと平匡の微笑ましい共働き生活の描写で始まる『逃げるは恥だが役に立つ』コミックス10巻の第1話を無料公開します! ぜひお楽しみください。

みくりと平匡の結婚生活は順調のよう!?
みくりの伯母・百合ちゃんの恋も気になる!

\『逃げるは恥だが役に立つ』10巻の第1話/

▼試し読みの続きが気になる方はこちら

『逃げるは恥だが役に立つ』(10)  著者:海野 つなみ

『逃げるは恥だが役に立つ』(10) 【簡単なあらすじ】就職としての結婚(契約結婚)から始まった関係だったが、晴れて入籍に至ったみくりと平匡。結婚生活3年目に突入し、出産をひかえる2人に次から次へと試練が…!?

海野つなみ 8月9日、しし座生まれ。B型。兵庫県出身。1989年、第8回なかよし新人まんが賞入選の『お月様にお願い』で「なかよしデラックス」(1989年秋の号)よりデビュー。TVドラマ化もされた『逃げるは恥だが役に立つ』で第39回講談社漫画賞受賞。

▼海野つなみ先生の過去のインタビュー記事もチェック!
呪縛を解くベストセラー!海野つなみが『逃げ恥』で描いた「人の数だけある孤独」】の記事はこちら