ウイルスに対抗する免疫力をアップさせるには?

免疫細胞の6〜7割が存在する腸の環境を整えることはもちろんのこと、他にビタミンC、ビタミンD、亜鉛、マグネシウム、セレンなどの栄養素も免疫機能を十分発揮させるために必要な栄養素です。しかし加工食品を口にする機会の多い現代人はこれらの栄養素が不足しやすく、意識的に摂取することも重要です。

また日頃から腸内環境を整え免疫力を維持するには、食品の頭文字をとって並べた「まごはやさしいわ」というものもよく推奨しています。

「ま」は豆類、「ご」はごま、「は」は発酵食品で漬物、味噌、キムチ、お酢、梅干しなど、「や」は野菜や果物、「さ」は魚、「し」は、しいたけでキノコ類、「い」は芋類、「わ」はワカメなどの海藻類です。

その他、腸管のバリアが傷ついた時に修復するための栄養素がアミノ酸のグルタミンであるため、それを多く含む肉や魚を骨ごと煮込んでだしを取った「骨だしスープ」はおすすめです。骨から出てきたミネラルも腸内環境改善に一役買います。

photo by iStock
-AD-

糖質制限にはデメリットも

また、腸は体臭・口臭とも関係があります。おならの成分は、水素、メタン、インドール、スカトール、硫化水素などです。これが適正量なら肝臓で解毒されますが、過剰になると腸から吸収されて血液により運ばれ、肝臓での解毒が追いつかず、血流にのって体中をめぐり呼吸を通して口臭になり、汗を通すなどして体臭になるわけです。やはりこれらも腸内細菌のバランスが悪いことが一因となるのです。

最近「糖質制限」が流行っていますが、糖質制限をするとたんぱく質の量が増えるので、それをちゃんと消化できる能力を持っていればよいですが、日本人は胃酸が少ない、消化酵素が少ない、腸内細菌のバランスが悪い、という問題を抱えている人が比較的多いので、糖質制限が良いとはならない場合も少なくはないのです。こういう方は、糖質制限はほどほどにした方が良いですね。

また、筋肉増強のためにと、たんぱく質を消化能力以上に多く摂ったりするのも注意が必要です。消化不良を起こして悪玉菌のエサになり毒素を過剰に発生させてしまう要因になります。またストレスからも悪玉菌優勢になりますから要注意です。ストレスがあり交感神経が優位になると、消化にとって重要な胃酸が出にくくなり、たんぱく質の消化が不十分になります。

予防するにはよく噛み、ゆっくり楽しみながら食事をすることも必要です。