感染症が急激に悪化…!? 愛煙家に多い「COPD」とはどんな病気か

長引くせき・たん・息切れに注意
からだとこころ編集部 プロフィール

もっとも多い原因は"喫煙"。そして多くの人が放置中!?

COPDの患者さんの9割近くが喫煙者で、別名「たばこ病」とも言われています。また、肺の発育不全などで呼吸機能がもともと弱い人もいますが、最近では肺の発育不全も、受動喫煙などの生育期の環境が関係しているのではないか、と考えられています。

このCOPD、あまり耳にしない病気ですが、症状の進み方が非常にゆっくりで、初期には自覚症状がほとんど無いことから、気づかれにくい病気で、潜在的な患者さんが非常に多いと考えられています。

【グラフ】COPDの患者数
  COPDの患者数は、少なくても530万人と推定され、40歳以上の8.6%にもなる 参考『COPDのことがよくわかる本』

COPDは、30代、40代と長い時間をかけて進行し、60代以降に発現するケースが多く見られます。冒頭であげた、風邪の急激な悪化などによって判明するケースも少なくありません。

ウイルスや細菌の呼吸器感染のたびに命の危険が!

健康な人なら数日で回復するような風邪でも重症化して入院が必要になったり、回復に時間がかかったり、ときには命にもかかわる事態も招くこともあるCOPD。急激に悪化することを「増悪」と言いますが、COPDが怖いのは、この増悪がしばしば見られるためです。

増悪のきっかけとなるのは多くが、風邪やインフルエンザ、気管支炎、肺炎などの呼吸器の感染症です。増悪は、風邪ならば、症状が出はじめてわずか数日、場合によっては数時間で急激に悪化します。焼肉の煙が引き金になったという例さえあります。

【写真】ちょっとした風邪がきっかけで、急激に悪化する
  風邪がきっかけで、急激に悪化する photo by gettyimages

増悪によって悪化した症状は回復に時間がかかり、回復途中で再び悪化することもあります。増悪を繰り返すと、肺の機能自体や体力が低下して、COPDが進行して重症化してしまいます。