去勢手術も終了し、やっと元気を取り戻したうさぎ

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。

4月10日に『「6匹から70匹に」ウサギ多頭飼育崩壊で脱毛&激やせの衝撃現場』の記事を公開しました。驚くほど増えてしまった多頭飼育崩壊の現場に、多くの人から驚きのコメントもいただきました。今日紹介する「まおくん」もその多頭飼育崩壊現場からレスキューされたました。

写真/ミグノン
名前:まおくん
年齢:~1歳半ぐらい
性別:男の子
性格:人なつっこくて、甘えん坊です

小柄で丸い顔がかわいいまおくんですが、保護された当初、多くのうさぎはまともな食事を与えられていなかったこともあり、痩せて衰弱していたり、皮膚に怪我を負っていました。

まおくんは、去勢手術も終了。今までの分を取り戻すように、食事も元気に食べ、少しずつ本来のうさぎの体調に戻りつつあります。今まで大変な生活だった分も、愛情を注いでくれるおうちを探しています。

写真/ミグノン

まおくんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

ウサギの飼育多頭崩壊発生で「預かりさん」募集中です

今日の記事でも紹介しましたが、先月(3月)、ウサギの飼育多頭崩壊が発覚し、友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」で、約70匹ものウサギを保護することになりました。それに伴い、譲渡してくれる方だけでなく、ウサギのケアをしてくれる「預かりさん」も募集しています。預かりボランティアとウサギの飼育に関しては下記をご確認ください。

預かりボランティアって何?

うさぎの飼養に必要なものは?

上記をご確認の上、【預かりボランティア登録フォーム】からご登録をお願いします。追って、ランコントレ・ミグノンのボランティアから随時ご連絡を差し上げます。

※「預かりさん」へのお問い合わせは、上記のフォームよりご連絡ください

仕事の合間にボランティアで保護活動を行なっているため、電話での問い合わせや見学の受付を行なっておりません。順番にお返事を差し上げますので、ご用件はお問い合わせフォームよりお願いします。