# 感染症 # 新型コロナ

ペストも新型インフルも…中国はなぜ「パンデミックの震源地」なのか

新型コロナに打ち勝つために
佐藤 優 プロフィール

〈一九一九年七月には下火になったかにみえた。だが、一九一九年一〇月下旬から翌年春にかけて二回目の流行(後流行)がはじまった。朝日新聞は「交通通信に大たたり。

市電も電話局も毎日五〇〇~六〇〇人の欠勤者」と社会がマヒ状態に陥っていく様子を伝えている。流行は全国に拡大していった。

政府の公式記録である、内務省衛生局(厚生労働省の前身)が一九二二年に編纂した『流行性感冒―「スペイン風邪」大流行の記録』によると、一回目の流行では、死亡者数二五万七三六三人、患者の死亡率は一・二二%だった。

二回目の流行では、死亡者数一二万七六六六人、患者の死亡率は五・二九%に上がった。当時の日本の人口は五六六六万人であり、一回目の流行だけでも人口の三七・三%が感染したことになる。

国内の感染者は二三〇〇万人を超え、死者の合計は三八万六〇〇〇人に達した。

 

ただ、この数字は一部府県のデータの欠落があり、人口学者の速水融・慶應義塾大学名誉教授は流行時に死亡率が平年より高くなる「超過死亡」から計算して、死亡数は四五万人にのぼるとしている〉。

スペイン風邪のような事態を防ぐために政府と国民が一体になって新型コロナウイルス対策に全力を尽くさなくてはならない。

『週刊現代』2020年4月11・18日号より