# 介護 # 新型コロナウイルス

介護崩壊寸前! 濃厚接触の恐怖、休職者が続出…現場のリアルな悲鳴

使命感で働く人たちと過酷すぎる現実
福原 麻希 プロフィール

“絶滅危惧種化”するホームヘルパー

「訪問系サービスにおける新型コロナウイルス対策の要望書」で求めたことは、次の3点である(詳細はこちらのホームページへ)。

(1)訪問系サービス事業所へのきめ細かい感染予防・感染対策の周知徹底
(2)訪問系サービス事業所と介護労働者が新型コロナウイルスの蔓延時でも安心して働ける、休める環境整備
(3)潜在ホームヘルパーの復帰、現職ホームヘルパーへの臨時手当て

特定非営利活動法人暮らしネット・えん代表理事 小島美里さん他が提出した要望書

会見で特定非営利活動法人暮らしネット・えん代表理事の小島美里さんは、こう訴えた。

「地域における在宅介護を崩壊させないよう、小中規模の事業所と“絶滅危惧種”ともいえるホームヘルパーを守るため、早急に訪問介護系サービスの労働環境改善を求めます」

ホームヘルパーのコロナ感染対策は…?

小島さんは、特に「ホームヘルパーへの感染予防、事業所の感染対策」を重視する。事業所の責任者として安心を確保したうえで介護現場に行ってもらいたいからだ。

このため、
▽新型コロナウイルスに関する動画研修の機会の要望
▽感染対策の個人用感染防護具として、少なくても使い捨てマスクと使い捨て手袋、手指用アルコール消毒の十分な支援
▽現在は感染の疑いがあっても検査を受けられない。速やかに検査を受けられるようにしてほしい

などを求めた。

 

一方、要望書に対して厚労省からは「医師が新型コロナウイルスを疑う場合は検査を受けること、濃厚接触者が高齢者等に接する機会のある業務に従事する場合は検査対象とすること」の事務連絡を発出していると回答があったという。

小島さんはこの回答書を読み、「どれだけ周知されているのか」と首をかしげる。

さらに、驚くことに回答書には「事務連絡には『感染者が発生した場合のホームヘルパーによる消毒・清掃の実施方法』を示している」と記載されていたという。

編集部からのお知らせ!

関連記事