Photo by gettyimages

「アベノマスク」の酷すぎるドンブリ勘定と低品質を検証する

466億円もかかるはずがなかった

新型コロナウイルスの感染拡大によるマスク不足を解消しようと、安倍晋三首相が4月1日に日本の全戸5000万世帯に配ると表明した布マスク、いわゆる「アベノマスク」が迷走を重ねている。

当初示された466億円もの「高すぎる予算」の中身はどうなっているのか、異物の混入など品質面での問題が多発したのはなぜなのか――話題のわりに謎多きアベノマスクの実態を、取材にもとづいて検証する。

あまりに高すぎる予算

4月1日、御年65歳の安倍首相が顔に対して明らかに小さいマスクをつけて、参院決算委員会に登場したことから全ては始まった。首相は同日夕方の感染症対策本部で、「全世帯に2枚ずつこの布マスクを配布する」ことを表明。有効性をこう主張した。

〈私も着けておりますが、この布マスクは使い捨てではなく、洗剤を使って洗うことで再利用可能であることから、急激に拡大しているマスク需要に対応する上で極めて有効であると考えております〉

小学校の給食係を彷彿とさせる見た目と、自信満々の安倍首相のギャップに衝撃が走った。これには海外のメディアも反応せざるを得ず、米FOXニュースは「エイプリル・フールの冗談か」と揶揄し、ブルームバーグ通信は「アベノミクスからアベノマスクへ」(電子版4月2日付)という記事を配信した。

Photo by gettyimages
 

突然の発表に驚きが広がる中、さらに批判を高める要因となったのが、あまりに高すぎる費用だ。

「1枚200円程度と聞いている」

菅義偉官房長官は4月2日の記者会見でこう答えたが、あのマスクが本当に200円もするのか?と感じなかった人のほうが少ないだろう。当初示された予算総額は、実に466億円。外出自粛による経済苦が続き、飲食店や自営業者などが休業補償を求める中、「そんなカネがあるなら他に回してほしい」という声が即座に上がったのも無理はない。

この466億円の予算額のうち、政府と契約した商社などの企業からマスクを買い取るために必要な調達費338億円が、24日になって突如「90億円程度に抑えられる見通し」(菅官房長官)と大幅に軌道修正された。しかし筆者の取材によれば、当初の段階から466億円もの巨額予算はとうてい必要なかったとみられる。