Image by iStock

東京100万人調査で判明「危ないクスリの飲み合わせ」5つのパターン

「多剤服用」の人は必読

生活習慣病の人にとって避けられないのが毎日の薬の服用。あれもこれもと必要以上に飲みすぎてはいないだろうか。誰もが使っているありふれた薬の組み合わせにこそ、恐ろしい副作用が潜んでいる。

64%が薬の飲みすぎ

「複数の薬を飲むと深刻な副作用が出る『多剤服用』のリスクは、これまでもしばしば指摘されてきました。

ですが、具体的にどのような薬の組み合わせが多く飲まれているのかについては、大規模な調査が行われることはありませんでした。今回の調査ではまず、その点が明らかになりました。同時に、医者が漠然とした経験に基づいて薬を出している可能性までわかってしまった。その意味でも画期的な調査でした」(群星沖縄臨床研修センターの徳田安春医師)

3月5日、東京都健康長寿医療センターの研究チームが発表した最新調査が話題を呼んでいる。

 

高血圧や糖尿病、高脂血症に脳卒中。そんな生活習慣病に悩む75歳以上の64%が、実に5種類以上の薬を毎日飲み続けていたのだ。

Image by iStock

同センターが調査対象にしたのは75歳以上の都民約100万人。病院で薬を処方された患者の明細情報を分析し、今回の発表に辿り着いた。

これまでは、「高齢者ほどたくさん薬を飲んでいる」という大掴みの事実だけが語られてきた。この研究で、ようやく詳細な実態が示されることになった。

その結果には、有無を言わさない説得力がある。現在、日本の75歳以上の人口は約1800万人にも及ぶ。そのうちの64%となれば、1150万人超。これだけ多くの日本人が、危険視されている多剤服用に陥っているのだ。

今回の調査で、同センターはとりわけ数の多かった5つの典型的な「薬の飲み合わせパターン」を割り出した。その組み合わせは、ずばりこうだ。