配達員が解説、新型コロナで「UberEats」が激変していた…!

感染リスクは大丈夫なのか
服部 隆宏 プロフィール

テイクアウトのみに切り替えた店舗も

透明なフィルムによるパーテーションが設けられたり、消毒液による消毒をするようにという指示のある店舗が増えてきています。持ち帰り需要の高まりや周辺店舗の休業によりマクドナルドやCoCo壱番屋など大手チェーンはむしろ盛況している店舗が多いと感じます。

逆に、テイクアウトのイメージの薄い小規模の個人経営店はピーク時でも客席に人が見当たらず苦境に立たされている店舗が数多くあるのを感じずにはいられません。アルバイトなどを雇えず。ひとりで営業している店舗やテイクアウトのみに切り替えた店舗も増えました。都の要請により営業時間を短くしている店舗が多く、21時を境に配達に対応する店舗が激減しています。

歌舞伎町を走るUber配達員
 

前年の4月に比べて注文数は微減であると考えています。感染症関連の需要が入ってきたのに対して花見需要やイベント需要、そして緊急事態宣言が出てからはオフィス需要が大きく減っていると感じます。

丸の内や銀座、秋葉原、神保町のようなオフィス街からの注文は非常に少なく、大方が住宅地への配達とないっているのが顕著な傾向として現れています。また、感染対策強化からか医療施設、福祉施設、教育施設、などの公共施設からの注文が全くなくなっているのも大きな変化といえます。

渋谷区などは自治体と連携し割引サービスを導入しているためか注文が増えているようですが、感染リスクなども高まる恐れがあり積極的に調査にいけない現状があります。

時間帯としてはランチタイムの11:30〜13:00、ディナータイムの18:30〜21:00までがピークとなり、かなり短い時間帯に集中する傾向が顕著になっていると思います。これはランチタイムはオフィス需要や事業者からの需要が減っているためであり、ディナータイムは都内の多くの店舗が20時に閉店してテイクアウトも21時までになっている店舗が多いためでしょう。