配達員が解説、新型コロナで「UberEats」が激変していた…!

感染リスクは大丈夫なのか

外出自粛のなかで…

世界的に蔓延している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、世界経済は大きな節目を迎えています。日本でも深刻な被害をもたらしさまざまな経済活動に影響が及んでいます。

休業要請や外出自粛が政府主導で叫ばれる中、さまざまな飲食店が苦境に立たされています。その中でUberEats(ウーバーイーツ)は外出自粛をする人々と飲食店をつなぐ重要な役割を果たす位置にきています。

UberEats配達員の目線から、現在配達員のおかれている就労環境や、現在の都内の配達の現状をリポートしていきたいと思います。

 

配達員の感染症に対するリスク

UberEatsの配達業務はフリーランス委託契約となるため、そのほとんどが「配達者各自の自己責任である」というのが昨今のUber側の大方の主張です。今回の感染症対策に対しても動きは鈍い傾向が出ており配達員への配慮はまだまだ始まったばかりと言えます。

UberEats配達員は勤務を個人で決断できる形態ではありますが、飲食業界の置かれている状況をみれば、社会的貢献度は今さらに強くなっていると思います。このことから立派なエッセンシャルワーカーの一員であると私は考えています。

業務としては、大部分の時間が人と密に接する時間が少ないので比較的感染リスクが低い仕事であり、特定の所属オフィスも持たないためクラスター感染の発生リスクも低いと思われます。

それでも不特定多数の人がいる場所に関わるため、感染症の媒介はやはり否定できません。郵便局員や宅配便の配達員の感染報道からもそれははかり知れるところです。そして、それに対するUberの配達員の感染症対策についてはやはり不十分であるのが現状です。