Photo by gettyimages

安倍政権のPCR検査「ハードル高すぎ」に、厚労官僚からも怒りの声

韓国ではとっくに1日2万件なのに…

改訂でさらに「検査抑制」へ

「厚生労働省にこんな政策決定をさせたのは誰か。これじゃあ、感染者は増えるばかりだ。拡散の抑止ができない」

厚生労働省の医療行政を担当する事務官が、新型コロナウイルスに対する同省のずさんな対応についてこう吐露する。理由は、新型コロナウイルスの感染の有無を調べるために行われるPCR検査のハードルが高すぎるからだ。

巷では、発熱している人でもPCR検査が受けられないとの苦情が頻出している。厚生労働省のガイダンスによれば、確かに検査要件は非常に厳しい。

Photo by gettyimages
 

2月1日に出された「新型コロナウイルス感染症に対応した医療体制について」との事務連絡や、2月17日付の「新型コロナウイルス感染症に対する行政検査について(依頼)」と題された事務連絡などによると、PCR検査までのプロセスは、当初の段階では以下のようになっていた。

1.「帰国者・接触者相談センター」(保健所などに設置)に連絡

2. 2条件の確認
(1)2週間以内に感染者と濃厚接触があり、発熱または呼吸器症状がある
(2)2週間以内に(中国)湖北省を訪問したか、あるいは湖北省への渡航歴がある者と濃厚接触があり、発熱に加えて呼吸器症状がある

3.(1)(2)のいずれかに該当する場合に限って、「帰国者・接触者外来」でPCR検査(ただし、外来の場所は原則非公開)

その後、この規定は改訂された。「湖北省」が「流行地域」に変更され、また第3、第4の条件が適用されたのである。一見すると検査適用枠が広げられたかに見えた。だが、実際はむしろ検査を抑制するようなものであった。