戸田さんがお籠りで見た映画

最後に戸田さんに、多くの人が自宅での自粛生活を余儀なくされているなかでのおすすめ映画や小説を聞いてみたところ「『I,Tonya』を最近ようやく観られた」と教えてくれた。

『I,Tonya』(邦題『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』)は、90年代にアメリカのフィギュアスケート界に衝撃を与えた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」の黒幕、トーニャ・ハーディングの生涯を描いた作品だ。ゴールデングローブ賞やアカデミー賞にもノミネートされ、脚本、演出、美術から俳優たちの演技まで絶賛されている。

-AD-

戸田さんも「人間が何かを突き詰めようとする時、善となるか悪となるのか、狂気的なその野望には目を見張りました。そして、役者達の実在する人物の再現度に興奮しました」と話す。

2018年にハリウッドフィルムフェスティバルの授賞式での『I.Tonya』出演者たち。トーニャ・ハーディングを演じたマーゴット・ロビー(写真右から3番目)のアカデミー賞主演女優賞ノミネートをはじめ、多くの賞でノミネート&受賞した。フィギュアスケートの技術も含めた「現実の再現力」は世界中で絶賛 Photo by Getty Images