保健所職員の告白「検査も人員も何もかも足りない」あまりに過酷な現場

「公衆衛生」を軽んじてきたツケ
中原 一歩 プロフィール

新型コロナウィルスの拡大に伴い、日本社会はこれまで、ないがしろにしていた「公衆衛生」という概念を一新しなければならない。病院はあくまで「病気を治す」現場。それに対し、保健所は伝染病の「予防」と「検査」だ。

 

この全く異なる機能が両輪となって、我々の健康で文化的な生活は保障されているのだ。新型コロナウィルスとの闘いが、長期化を余儀なくされる中、私たちは地域の保健所の役割と、医療従事者と同じく、感染リスクに直面しながらも最前線で働く人々の奮闘を再認識しなければならない。