Photo by iStock
# 葬儀 # 新型コロナウイルス

コロナ禍で生まれた「後葬」に“違和感”をぬぐい切れない理由

偲ぶ会、お別れの会は後葬なのか?

新手の葬儀ビジネスが次々と

新型コロナウイルスによる感染拡大の影響を受けて、葬儀の規模が縮小している。「感染が心配なので参列は遠慮しておこう」という傾向は2月あたりから増えていたものの、3月に入っても全国的にはまだ危機感はさほどなかったように思う。

しかし3月に愛媛県松山市で営まれた通夜・葬儀の参列者と関係者、合わせて男女5人が集団感染したというニュースが流れ、葬儀への参列を控える動きが加速する。
「できるだけ最低限の人数で済ませるようにしたい」と施主側からの要望が強くなった。

Photo by iStock

ニュースの見出しでも「最後のお別れが最低限の人数とは寂しい限り」「親戚も参列できない」「家族葬とは寂しい」というタイトルが踊る。

これまでも、葬儀の規模は小さくなっていると言われてきたが、拍車をかけて縮小の流れはしばらく続くとみられている。

そんな中、Zoomなどを使ってオンラインで葬儀を配信したり、香典や供物をキャッシュレス決済するなど、故人を偲ぶ機会を広く提供できるよう各社工夫をこらしている。電話やWEB上で読経をするサービスなども出てきた。現状を「葬儀崩壊」だとし不安をあおって広報を仕掛けてくる葬儀社もある。

 

ここまでくるとビジネス色が強くなり、批判が起こってしまうのも無理はない。
しかし、葬送儀礼は時代と共に変化するものであるから、どのようなサービスやシステムが出てきても不思議ではないと思っている。

とはいえ個人的に違和感を感じるものもある。それは「後葬(あとそう)」「後日葬」というネーミングの葬儀プランだ。