# 新型コロナウイルス

コロナ後、日本人の「生活」「住まい」「働き方」はここまで激変する…!

もう見て見ぬフリはできない
藤野 英人 プロフィール

生き方も働き方も激変する

従来、人が住む場所は仕事によってある程度決められてしまっていたため、地方自治体は住民を増やすために工場の誘致などに力を入れてきました。しかし住む場所と仕事との関わりが薄れれば、空気や水がきれいで食べ物がおいしいことや自然が豊かであること、素敵なカフェがあることなど、住みやすさや暮らしやすさが重視されるようになるでしょう。

私たちの会社レオス・キャピタルワークスについていえば、アフター・コロナ時代を見据えて柔軟な働き方をデフォルトにしていきたいと考えています。たとえば、出社するのは月に数日ほどでよいことにして地方への移住を推奨する一方、毎日出社したい人はそうしてもよく、東京で暮らしたい人は東京に住むというように、その人が働きやすい状況で暮らしてもらえる環境にしたいのです。

もちろん、在宅だけで仕事がスムーズに進むなら、ほぼ出社なしにしてもいいでしょう。そうすれば「パートナーの海外赴任についていって、海外からレオスで働き続ける」とか「親元に帰って介護をしながらレオスで働き続ける」という選択肢も生まれます。

 

これはコロナの問題とは関係なく、こちらのコラムでも度々伝えてきましたし、考えていたことでした。本来、子どもが生まれたり親が年をとったりしてライフステージが変われば、人の生活は変化するものです。しかしこれまで仕事と家庭は切断されており、人の生活は職場に縛られて柔軟に変えられない状況でした。それは不自然な、おかしいことだと感じていたからです。

今後、「在宅で仕事をしても、みんなが協力しあえばきちんとパフォーマンスがあげられる」ということになれば、ライフステージに応じて生活を変えながら仕事を続けることが可能になるでしょう。ウィズ・コロナ時代、アフター・コロナ時代は、私たちの生き方や働き方を激変させるかもしれません。そして生き方や働き方の多様性が高まった結果、社会はしなやかに強くなるのではないか——私はそう考えています。

関連記事

おすすめの記事