photo by iStock

なぜ「なぜ?は何度も繰り返すべき」なのか?「WHY」の4つの特殊性

連載『問題発見力を鍛える』vol.9
「問題解決」よりも「問題発見」が重要になっていく時代に必要なことは何かを考えるコンサルタント・細谷功氏の連載『問題発見力を鍛える』。第9回の今回は、問題発見に不可欠な問いである「なぜ?」(Why?)という問いかけの特殊性について解き明かします!
 

問題発見のWhy、問題解決のHow

これまで本連載でもしばしば触れてきた「なぜ?」(Why?)とう問いかけですが、問題発見を考えるうえで基本中の基本でありながらまた応用範囲も広い問いかけです。

先の連載であったように、常識に対してなぜ?とその背景や理由を問いかけることで新たな常識が見つかることはお話しました。このように「なぜ?」を問いかけることで視野が広がり、新たな問題が見つかるのは他にも日々の仕事の依頼に対しても同様です。

例えば以前の連載にもあった「自動運転について調べてほしい」という依頼に対してもWhy? を問いかけることで解くべき真の問題に近づけることをお話ししました。

対してこのような「○○について調べて」という依頼に対してもう一つの方向性があります。それがこの与えられた問題をありきとしてすぐさまその問題の解決に向かうことです。この場合の問いかけは問題発見のWhyに対してHow? という具体化の方向になります。

これは手段と目的の関係で考えると、手段→目的がWhy?、目的→手段がHow?というお互い逆方向という関係になります(図1参照)

【図1】
拡大画像表示