国連は、サバクトビバッタの大発生が作物の生産、食料安全保障、何百万人もの生命を危険にさらす可能性があると警告した。Photo by iStock
# 新型コロナウイルス

コロナの裏で、中国に「ヤバすぎる数」のバッタの大群が襲ってきた…!

コロナと同時進行する次なる危機

「4000億匹」のバッタの大群が中国に迫る…?

「4000億匹のバッタの大群がインド・パキスタン国境から中国に迫っている」
2月19日、中国国営中央テレビが展開する国際放送局はこう報じた。

マダガスカルの空を埋め尽くすほどのバッタの群れ。by iStock

新型コロナウイルス・パンデミックにより世界中の社会と経済が大混乱に陥る中、もう一つの危機がアフリカ大陸で発生し、中東、南アジアを超えて、中国にまで迫っている。この危機の正体は、サバクトビバッタというバッタが引き起こしている蝗害(こうがい)だ。

蝗害とは、夥しい数のバッタが作物を食べ尽くしてしまい、人間が食糧難に陥る問題のこと。2019年6月にアフリカ東部で大量発生したサバクトビバッタは紅海とペルシャ湾を超え、イランに上陸。そのまま東へと移動し、中国付近まで到達している。

蝗害は、人類の歴史において、度々発生が確認されており、蝗害自体はそれほど珍しいものではない。だが今回、規模が尋常でない。

 

観察されている記録では、今回サバクトビバッタは1平方キロメートルあたり4,000万匹にまで繁殖し、1日で3万5,000人分の農作物を食い尽くしているというのだ。