photo by Gettyimages

「社外取締役・橋下徹」を拒否する関西電力のおかしな内情

ガバナンス改革は「口だけ」か?

「お約束します」とは言うものの…

原子力発電所のある福井県高浜町の森山栄治・元助役(故人)から、役員ら75人が3億6000万円にのぼる金品を受け取っていた関西電力。3月14日には第三者委員会(委員長・但木敬一元検事総長)が調査報告書をまとめ、「容赦できない背信行為」だと厳しく指弾された。

これを受けた関西電力も、ホームページに「全く新しい関西電力を創生していくとの不退転の決意で、さらなる経営の改革・刷新に取り組みながら、信頼回復に全社一丸となって全力を尽くしてまいります」との一文を掲げ、あたかも反省している姿勢を示している。

3月30日には森本孝・新社長名で「ステークホルダーのみなさまに対する宣誓」と言う文書を公表。以下の4点について「お約束します」としている。

1. 私は関西電力グループのトップとして、「業績や事業活動をコンプライアンスに優先させることは断じてあってはならない」と肝に銘じ、法令遵守はもとより、時代の要請する社会規範とは何かを常に「ユーザー目線」で考え、それに則って行動し続けることを約束します。
2. 私は、そのために必要であれば、いかなる社内慣行やルール、組織・体制等であっても、ためらうことなく、改めるべきを改めていくことを約束します。
3. 私は、これらを自ら徹底して実行し続けることによって、改革への強い意志を当社グループの隅々にまで拡げ、関西電力グループ全体として、誠実で、透明性の高い開かれた事業活動を継続していくことを約束します。
4. 私は、ステークホルダーの皆様からの信頼を損なうような事態が発生したときには、速やかに原因究明と再発防止に努め、自らの責任を明確にすることを約束します。
 

巧言令色、いろいろ書いているが、では具体的にどう行動するのかが見えてこない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら